关于人生短的日本谚语

日本的名言 母爱是世间最伟大的力量 (米尔) 世界上一切其他都是假的,空的,唯有母亲才是真的,永恒的,不灭的。(印度) 母爱是多么强烈、自私…

日本的名言

母爱是世间最伟大的力量 (米尔)

世界上一切其他都是假的,空的,唯有母亲才是真的,永恒的,不灭的。(印度)

母爱是多么强烈、自私、狂热地占据我们整个心灵的感情。(邓肯)

在孩子的嘴上和心中,母亲就是上帝。(英国)

全世界的母亲多么的相象!他们的心始终一样。 每一个母亲都有一颗极为纯真的赤子之心。(惠特曼)

女人固然是脆弱的,母亲却是坚强的(法国)

没有无私的,自我牺牲的母爱的帮助,孩子的心灵将是一片荒漠。(英国)

50条很短谚语

大江大河都过来了,小河沟里翻船了。说明特别多人还是大意了。说明特别多人还是贪婪了。说明辩证。说明物极必反。说明坏人的定数。

关于人生短的日本谚语插图

关于人各有长短的名言.

金无足赤人无完人

●尺有所短,寸有所长

●梅花优于香,桃花优于色

●长棍抵不了短石头

●你老虎口大,我野牛颈粗

●车夫的脚,律师的嘴

●闪闪发光的金子,代替不了生铁的用途(柯尔克孜族)

●竹子榨不出粮水,可是筑篱笆却不能没有它

●眼睛亮的人白天找不到的,瞎了眼的人晚上摸着找到(蒙古)

●你消灭的每一种缺点都存在着与它对应的长处,两者相辅相成,生死与共(阿纳托尔·法朗士)

●我们的美德和缺点是一对亲密的夫妻,生下的孩子既像父亲也像母亲(哈利法克斯)

●人有所犹,固有所劣;人有所工,固有所拙(论衡)

●人各有能有不能

●瑕瑜互见,长短并存

●张飞粗中有细,诸葛细中有粗

●在最洁白的布上,污点最显而易见(英国)

●月亮上的黑斑比月光更醒目(日本)

●能从别人的过错中看出他的优点,那才是最聪明的人呢—-(德伦西)

●我的生活经验使我深信,没有缺点的人往往优点也很少—-(林肯)

●盖聪明疏通者戒于无断,湛静安舒者戒于后时,广心浩大者戒于遗忘(资治通鉴)

●随和可能伴随着自卑,好胜可能伴随着骄傲,谦虚可能伴随着平庸,坚定可能伴随着武断

●我们因误信表面上的正确而失望;我努力写得简洁,写出来却很晦涩。追求平易,

但在筋骨、魄力方面又有欠缺。想要写得宏伟,而结果却变成臃肿(贺拉斯)

●在日常生活中,我们往往由于自身的缺点而不是优点才招人喜欢(拉罗什富科)

●保留某种不完善会使事物显得有趣,并使人感觉到还有一点发展的空间(吉田兼好)

●有些缺点比美德更能清楚地证明一个人的优秀品格—-(雷斯红衣主教)

●当缺点放弃我们时,我们还自以为是我们抛弃了缺点—-(拉罗什富科)

●缺点并非全然是缺点,只要它不憎恨美德(尚福尔)

●有些人的缺点与他们很相称,另一些人的优点却与他们不甚相符(拉罗什富科)

●对瑕疵眼开眼闭吧,因为你还有大错(托马斯·富勒)

●人非圣贤,孰能无过?

●即使完人也有七个缺点(日本)

●没有十全十美,也没有人不可或缺,每个人都有这种或那种弱点。当他失败时,这种弱点将会缓解他的沉痛之情—-(拉布吕耳尔)

●毫无的缺点的人显然是不存在的,因为他无法在这个世界上找到一个朋友,他似乎属于完全不同的物种(赫兹里特)

●皇帝身上也有三个御虱

●我能坚持我的不完美,它是我生命的本质(法朗士)

●一个人的完美之处,在于找出自身的缺点(意大利)

●金无足赤,人无完人

●瓜无滚圆,人无十全

●我们

求日本谚语,什么都可以只要寓意好就行

请告诉我一些日本谚语

以下网站都是:

1、ことわざ网页:

http://blogs.yahoo.co.jp/xy610403

鲸饮马食(げいいんばしょく):能吃能喝

形影相怜れむ(けいえいあいあわれむ):形影相吊

圭角が取れる(けいかくがとれる):磨去棱角

计画は人にあり、成败は天にあり(けいかくはひとにあり、せいはいはてんにあり):谋事在人,成事在天

芸が细かい(げいがこまかい):极为精湛;滴水不漏;无懈可撃;天衣无缝

芸がない(げいがない):不学无术;没有本事

芸が身を助ける(げいがみをたすける):身有一技之长,不愁隔宿之粮

桂玉の艰(けいぎょくのかん):米珠薪桂

鶏群の一鹤(けいぐんのいっかく):鹤立鶏群

鶏口となるも牛后となるなかれ(けいこうとなるもぎゅうこうとなるなかれ):宁为鶏口,不为牛后

敬して远ざく(けいしてとおざく):敬而远之

芸术は长く人生は短し(げいじゅつはながくじんせいはみじかし):人生有限,技芸千秋

警钟を乱打する(けいしょうをらんだする):猛敲警钟,唤醒世人

倾城买の草鞋はかず(けいせいかいのわらじはかず):大処不算小処算

倾城に诚なし(けいせいにまことなし):歓楽场中没真话

蛍雪の功を积む(けいせつのこうをつむ):刻苦用功

兄たり难く弟たり难し(けいたりがたくていたりがたし):难兄难弟

兄弟は手足たり(けいていはしゅそくたり):兄弟如手足

刑は軽きを厌わず(けいはかるきをいとわず):刑不厌軽

苦あれば楽あり(くあればらくあり):苦尽甘来

食い下がる(くいさがる):咬住不松口;不肯罢休

株を守る(くいぜをまもる):守株待兔

食い倒す(くいたおす):白吃;吃穷

食い散らす(くいちらす):这吃点,那吃点;做一点这个,干一点那个

食いつぶす(くいつぶす):坐吃山空

食い外す(くいはずす):丧失糊口之道;失掉得利的机会

気合いが入る(きあいがはいる):鼓起干劲

気合が悪い(きあいがわるい):情绪不好;性情不好

利いた风(きいたふう):自命不凡

生一本(きいっぼん):真情実意

闻いた千金见て一文(きいたせんきんみていちもん):看景不如听景

闻いて极楽见て地狱(きいてごくらくみてじごく):听来是天堂,一见是地狱

気炎を上げる(きえんをあげる):大吹大擂,夸夸其谈;大放厥词;扬眉吐气

饲い犬に手をかまれる(かいいぬにてをかまれる):养疡遗患

老い木に花が咲く(おいきにはながさく):枯木开花

追い込みをかける(おいこみをかける):作最后努力

おいしくて頬っべたが落ちそう(おいしくてほっべたがおちそう):好吃极了

追い立てを食う(おいたてをくう):被人赶走

老いたる马は道を忘れず(おいたるうまはみちをわすれず):老马识途

老いて妬妇の功を知る(おいてとふのこうをしる):妻子好坏到老方知

栄华あれば必ず憔悴あり(えいかあればかならずしょうすいあり):有盛必有衰

酔覚めの水下戸知らず(えいざめのみずけこしらず):酸后方知冷水甜

英雄人を欺く(えいゆうひとをあざむく):自古英雄多欺人

英雄人を忌む(えいゆうひとをいむ):英雄最怕有英雄

会者定离(えしゃじょうり):有聚必有散

有为転変の世の习い(すいてんべんのよのならい):世事変幻无常

忧いもつらいも食うての上(ういもつらいもくうてのうえ):吃饱了饭,才感心烦

饥えたる者は食を为し易し(うえたるものはしょくをなしやすし):饥不択食

上直なれば下安し(うえちょくなればしもやすし):上有清官,小民平安

上には上がある(うえにはうえがある):人上有人,天外有天

上を下へかえす(うえをしたへかえす):底儿朝上,天翻地覆

右往左往(うおうさおう):东跑西串,左顾右盼

鱼心あれば水心(うおごころあればみずごころ):両情愿

鱼と水(うおとみず):如鱼得水;亲密无间

鱼のかかるは甘饵に由る(うおのかかるはかんじによる):香饵使得鱼上钩

鱼の木に登るが如し(うおのきにのぼるがごとし):赶鸭子上架

鱼の水を离れたよう(うおのみずをはなれたよう):如鱼失水,一等莫展

鱼を争うものは濡る(うおをあらそうものはぬる):要得福,先吃苦

鱼を得て筅を忘る(うおをえてせんをわする):忘本

うかうか三十、きょろきょろ四十(うかうかさんじゅう、きょろきょろしじゅう):三十不立,四十着急

浮かない(うかない):闷闷不楽

浮川竹に身を沈める(うきかわたけにみをしずめる):流入烟花

浮草は思案の外の诱う水(うきぐさはしあんのほかのさそうみず):心如浮萍,漂漂不定

浮草や今日はあちらの岸に咲く(うきぐさやきょうはあちらのきしにさく):水性扬花

浮き腰になる(うきごしになる):三心二意;摇摆不定

忧き目に遭う(うきめにあう):遭受痛苦

威あって猛からず(いあってたけからず):威而不猛

いい颜をしない(いいかおをしない):不给好脸色

いい颜をする(いいかおをする):喜形于色

言い挂かりを付ける(いいかかりをつける):找碴儿

言い胜ち功名(いいがちこうみょう):能说会道占上风

言い兼ねる(いいかねる):难以开口

いい気味だ(いいきみだ):大快人心

言い暮らす(いいくらす):唠唠叨叨没个完

いい子になる(いいこになる):假装好人

言い知れない(いいしれない):无法形容

言い过ぎる(いいすぎる):言过其実实

ああ言えばこう言う(ああいえばこういう):人云亦云

合縁奇縁(あいえんきえん):有縁相亲、棒打难分

间が远なりや契りが薄い(あいがとおなりやちぎりがうすい):别久情远

匕首につば(あいくちにつば):牛头不対马尾

相碁井目(あいごせいもく):行行技芸有高低

挨拶より円札(あいさつよりえんさつ):口再甜、不如銭

爱想づかしは金から(あいそづかしはかねから):床头金尽鸳鸯易分

逢いたいが情、见たいが病(あいたいがじょう、みたいがやまい):欲治相思病、唯有见卿卿

あいた口が塞がらぬ(あいたくちがふさがらぬ):目瞪口呆

あいた口には戸はたたぬ(あいたくちにはとはたたぬ):防口有如防川

开いた口へ牡丹饼(あいたくちへぼたんもち):天上掉下馅饼来

あいだてないは祖母育ち(あいだてないはばばそだち):姥姥的宝宝,任意而为

相槌を打つ(あいづちをうつ):随声附和

相手変われど、主変わらず(あいてかわれど、ぬしかわらず):管他千変万変,我有一定主见

相手のない喧哗はできぬ(あいてのないけんかはできぬ):一个巴掌拍不响

爱は屋上の乌に及ぶ(あいはおくじょうのからすにおよぶ):爱屋及乌

暧昧模糊(あいまいもこ):含含糊糊;模能両可

逢う时に笠を脱げ(あうときにかさをぬげ):见人要脱帽,良机不放掉

逢うは别れの始め(あうはわかれのはじめ):[梵语]会者定离;有聚必有散;天下没有不散的宴席

青息吐息(あおいきといき):长吁短叹叹

仰いで唾はく(あおいでつばきはく):自作自受;害人害己

仰いで天に愧じず俯して地に愧じず(あおいでてんにはじずふしてちにはじず):仰不愧天,俯不愧地

2、惯用语、俗语、成语、谚语网站:

http://www.qiuyue.com/

3、惯用语电子辞典:

http://www.geocities.jp/kuro_kurogo/ko-jien07/page7.html

?三日先知れば长者(みっかさきしればちょうじゃ) 人より仅かでも先见の明があれば、长者になれるという意味で、先见の明を持つ人は少ないということ。

?三日天下(みっかてんか)

?三日にあげず(みっかにあげず) 间をおかないさま。たび重なるさまにいう。しばしば。度々。

?三日坊主(みっかぼうず)

?三日见ぬ间の桜(みっかみぬまのさくらま)〔=に~〕 桜の花はあっという间に散ってしまうということから、世の中の移り変わりが激しいことの喩え。 出典:大岛蓼太(りょうた)の句「世の中は三日见ぬ间の桜かな」

?见缮う(みつくろう) 1.适当と思われる品物を选んで整える。 用例:滑?八笑人-初「そこらへいって见つくろって来てくれねへか」 例:「夕食の惣菜を见缮う」 2.状况や様子を见定めて、态势を整える。见计(はか)らう。 用例:平治-中「あへて敌の躰をも见つくろはざりける処に」

?三つ子に习って浅瀬を渡る(みつごにならってあさせをわたる) 时には未熟な者に物を习うようなこともあるということ。 类:●负うた子に教えられて浅瀬を渡る

?三つ子の魂百まで(みつごのたましいひゃくまで)

?三つ子の横草履(みつごのよこぞうり) 1.幼い子供が、履き方も知らない草履を、どんなふうにであれ履いて歩いてしまうこと。2.自分の能力以上の仕事をすること。

?みっともない 见た目に悪い。体裁(ていさい)が良くない。とても见ていられない。外闻が悪い。 类:●端たない●见苦しい 用例:滑?浮世风吕-三「あんまりべたべたと化妆したのも、助兵卫らしくしつっこくて见っともないよ」 例:「みっともない负け方」 ★〔「见とうもない」が変化した「见ともない」の促音添加〕<大辞林(三)>

?三つ指を突く(みつゆびをつく) 亲指?人差し指?中指の三本の指を軽く床に突いて、丁宁にお辞仪をする。主に、女性がする。また、一般に、丁宁に礼をすること。 例:「三つ指を突いて新年の挨拶をする」

?満つれば亏く(みつればかく) 月が満月になると、次には次第に欠けていく。そのように、人间も栄华の绝顶に达すると、次には衰运になる。ものには栄枯盛衰があるということ。 例:「月満つれば亏く」

-------みて-------

?见て呉れ(みてくれ) 1.他人の目に立つような言动や服装。 用例:谈?つれつれ孳か川-一「诸事见てくれを専として」 2.见挂け。体裁(ていさい)。外観。 例:「见て呉れが悪い」 用例:滑?浮世床-二「见体(ミテクレ)は立派だが、世人に解せず」 ★(「これを见て呉れ」と见せびらかす意から)<国语大辞典(小)> 用例の出典:つれつれ孳か川(つれづれ???) 谈义本?洒落本????调査中。

?见ての通り(みてのとおり) 见ている通りの有り様である。 例:「见ての通りの贫乏暮らし」

?见ては极楽住んでは地狱(みてはごくらくすんではじごく)〔=の极楽~〕?〔=住みての地狱〕 外部から见ていたのと、自分で実际に経験したのとでは大きな相违があることの喩え。 类:●闻いて极楽见て地狱

?见て见ぬ振り(みてみぬふり) 1.见ても见ないような素振りをする。 类:●见て见ぬ风(ふう) 2.実际に见てもわざと见ないように振舞う。また、咎(とが)めないで见逃す。

-------みと-------

?见通し(みとおし) 1.始めから终わりまで目を通すこと。终始见続けること。2.远くまで见えること。また、そういう场所。 例:「见通しが利く高台」 3.将来のことや、相手の本心などを、误りなく察知すること。また、その能力を持つ人。 类:●天眼通(てんげんつう) 例:「天は全てお见通しだ」 4.あるものごとの成り行きについての予想。また、その予想される状态。 例:「先の见通しが立たない」 5.心理学で、动物が新しい事态に直面したとき、试行错误や过去の経験などに拠らないで、とっさに判断し、问题を解决する知性の働きを言う。 类:●洞察(どうさつ) ★古くは「みどおし」とも<国语大辞典(小)>

?绿なす(みどりなす) 1.木や草の叶が绿に繁(しげ)る。2.髪が、黒々として艶(つや)がある。 例:「绿なす黒髪」

?绿の糸(みどりのいと) 柳の细い枝のこと。 用例:拾遗-贺「青柳の绿の糸をくりかへしいくらばかりの春を経ぬらむ」

?绿のおばさん(みどりのおばさん) 学童の交通事故を防ぐため、小学校の登?下校时に通学路で交通整理をする妇人交通指导员の通称。 ★(绿色の制服を着ているところから)<国语大辞典(小)>

?绿の黒髪(みどりのくろかみ)〔=簪(かんざし)?髪〕 黒く艶のある美しい髪をいう。 ★〔「りょくはつ(绿髪)」を训読した语〕<大辞林(三)>

?绿の林(みどりのはやし) 盗贼の异称。また、盗贼が立て篭もる场所。 故事:「后汉书-刘玄伝」 汉の王匡?王凤などが反乱し、湖北省の绿林山に篭もり盗贼となった。 ★(「汉书-王?伝」の绿林(りょくりん)の训読み)<国语大辞典(小)>

?绿の笛(みどりのふえ) 麦笛のこと。

?绿の洞(みどりのほら) 仙人が住む洞窟という意味で、太上天皇の御所。 类:●霞の洞●仙洞 用例:新古今-仮名序「绿の洞花かうばしきあした」

?见荡れる(みとれる) うっとりとして见る。魂を夺われて见入る。 类:●见惚れる 用例:名语记-九「これゆへ他事をわするるをみとる、ききとるといへる」 例:「ダイヤモンドの辉きに见荡れる」

-------みな-------

?见直す(みなおす) 1.もう一度よく见る。改めて见る。 例:「答案を见直す」 2.再検讨する。 例:「これまでの方针を见直す」 3.见方を変えてこれまで気付かなかった価値を认め、考えを改める。 例:「父を见直した」 4.病気や景気が良い方に向かう。 类:●持ち直す 用例:思出の记「衰弱した体もぼつぼつ见直して」 用例の出典:思出の记(おもいでのき) 长编小说。徳富芦花。明治33(1900)~34年発表。时代の青年像、精神を描いた自伝的作品。

?皆が皆(みながみな) 「皆」を强めた言い方。余すところなく全て。全部が全部。

?皆にする(みなにする)〔=なす〕 全部なくならせる。使い果たす。费やす。 用例:浄?孕常盘「若众を皆にしやつた。もとのやうに入れて返しや」

?皆になる(みなになる) 全部なくなる。尽きる。消える。 用例:徒然-60「その銭(あし)皆になりにけり」

?皆の众(みなのしゅう?しゅ) 全ての人。皆さん方。 例:「皆の众、ご油断召されるな」

?皆の者(みなのもの) 全ての者。「皆」の尊大で古めかしい言い方で、主に、武士が臣下に言った。 类:●一同 例:「皆の者、出合え出合え」

-------みに-------

?身に合う(みにあう) 身分や地位が钓り合っている、その人に相応(ふさわ)しい。

?身に余る(みにあまる)〔=过ぎる〕 1.分不相応である。过分である。 例:「身に余る光栄であります」 2.自分の身には耐えられない。自分の力量では、処理し切れない。 例:「身に余る大役」

?身に覚えがある(みにおぼえがある) 自分自身に思い当たることがある。顾(かえり)みて、确かに経験した覚えがある。

?身に染みる(みにしみる)〔=沁みる〕 1.骨身に沁み通る。しみじみと感じ入る。深く、または痛切に感じる。 类:●身に入(い)る 用例:源氏-若紫「うち诵(ず)し给へるを、身にしみてわかき人々おもへり」 例:「亲切が身に沁みる」 2.寒気や冷気が身に强く感じられる。特に、秋の冷気が痛切に感じられる。 用例:俳?椎の叶「物ごとの身にしむ风やをなご笹」 ★(俳句では「身に入(し)む」と书く)<大辞林(三)> 3.深く心に思い込む。心から打ち込む。 用例:浄?萨摩歌-中「身にしまぬ一时恋(いっときこひ)」 用例の出典:椎の叶(しいのは) 雑俳。椎本才麿(しいもとさいまろ)著。元禄5年(1692)。须磨?明石?姫路などを旅行したときの纪行俳文と、姫路の俳谐作者との连句や発句を収集。

?身に付く(みにつく) 1.饮食物が自分の血肉となる。栄养になる。2.自分のものになる。自分のものとして保持しておく。 例:「悪銭身に付かず」 3.知识?技术?习惯などを、自分のものとして自由に使いこなせる。熟练する。 例:「技が身に付く」 4.服装?态度などがしっくりと调和している。似合う。 例:「身に付いた着こなし」

?身に着ける(みにつける) 1.携帯する。所持する。着たり、履いたりする。 例:「真珠のピアスを身に着ける」 2.技术や知识などを习い覚える。 例:「教养を身に着ける」

?身につまされる(みにつまされる) 他人の不幸などが、気の毒に思われる。他人の不幸せなどが、人事でなく思われる。 类:●身に当たる

?身になる(みになる) 1.その身に成り代わる。その人に成り切る。 例:「亲の身にもなれ」 ★和歌では多く草木の実をかけていう。<国语大辞典(小)> 2.亲身(しんみ)になる。味方になる。真心を込める。 ★和歌では多く草木の実をかけていう。<国语大辞典(小)> 3.その人のためになる。栄养になる。からだの血や肉になる。 例:「身になるものを食べなさい」

-------みぬ-------

?见ぬ商いはできぬ(みぬあきないはできぬ)〔=ならぬ〕 现品を见なくては売买はできない。実物を见ないでは判断のしようがない。

?见ぬが花(みぬがはな) 物事は、まだ见ないで期待しているうちが良いものである。実际に见ると想像していたほどではないから、期待している间が一番良い。 类:●闻かぬが花

?见ぬが仏(みぬがほとけ) 见れば腹も立つが、见なければ腹も立たず、仏のように温和な颜をしていられる。

?见ぬ京の物语(みぬきょうのものがたり) 知らないこと、をいかにも知っているように话すこと。

?见ぬこと清し(みぬこときよし)〔=もの~〕 见なければ、汚いものも汚く感じない。见たら気になる欠点も、见なければ平気でいられる。

-------みの-------

?身の上(みのうえ) 1.自分の一身に関わること。我が身のこと。また、自分の境遇。 类:●身上(しんじょう) 例:「身の上相谈」 2.一生の运命。一生の大事。 用例:浄?本朝廿四孝「もし违変あらば、身の上たるべし」 例:「身の上を占う」

?身の内(みのうち) 1.身体の内部。2.身体の一部分。 例:「腹も身のうち」 3.身体中。身体一面。

?身の置き所がない(みのおきどころがない)〔=置き场が~〕 耻ずかしくてその场から逃げ出したい。穷地に立たされて逃げ出したい。身を処置する术(すべ)がない。

?身の皮を剥ぐ(みのかわをはぐ) 皮肤に付いている皮を剥(は)ぎ取ってしまうという意味で、着ている着物さえも売ってしまわなければならないほどの贫しさの喩え。

?身の毛が弥立つ(みのけがよだつ) 寒さや恐怖のために、身体の毛が逆立つように感じる。ぞっとする。 类:●身の毛立つ●戦栗(せんりつ)する●鸟肌立つ 用例:愚管抄-四「なにとなく身の毛だちておぼえけるに」 用例の出典:愚管抄(ぐかんしょう) 镰仓前期の歴史书。7巻。慈円。承久2年(1220)の成立とされる。和汉の年代记や、神武天皇から顺徳天皇までの歴史及び著者の歴史観を仮名文で记したもの。必然の道理の理念によって日本の政治展开を说明し、「神皇正统记」に强い影响を与えたと言われる。

?身の毛立つ(みのけだつ) 寒さや恐怖のために、身体の毛が直立するように感じる。ぞっとする。 类:●身の毛が弥立つ 用例:愚管抄-四「なにとなく身の毛だちておぼえけるに」

?身の毛を诘める(みのけをつめる) 恐れ戦(おのの)き、紧张している状态の喩え。

?身の代(みのしろ) 1.人身売买の代金。身売りしたときの代金。身の代金。2.人と引き替えに受け渡す金品。 类:●身の代金 3.给金 用例:伎?韩人汉文手管始-二「『それ、当座の身の代』と切手を放る」 用例の出典:韩人汉文手管始(かんじんかんもんてくだのはじまり) 歌舞伎。世话物。4幕。并木五瓶。寛政元年(1789)大坂角座の初演。明和元年(1764)朝鲜の使节、崔天宗(さいてんそう)を、通訳の铃木伝蔵が大坂で杀害した事件を脚色。通称「唐人杀し」。

?巳の时(みのとき) 1.现在の时刻で、午前10时顷。2.まだ日の盛りになっていない时刻であることから、物が新しい状态であること。特に、铠(よろい)などが、古びていないで色彩などがまだ鲜やかであること。 用例:源平盛衰记-一五「铠は绯威に金物を打、未(いまだ)巳の时とぞ见えし」 3.间もなく日中になろうとする时刻であることから、物事が酣(たけなわ)である顷、势いが盛んである时期のこと。 用例:甲阳军鉴-品一三「北条家弓矢、巳の时とかがやき」

?巳の时过ぐ(みのときすぐ) 古びていく。また、盛りを过ぎる。势いが衰え始める。

?蓑の傍へ笠が寄る(みののそばへかさがよる) 気が合う者は互いに亲しみ集まる。同类のものは自然に集まる。 类:●类は友を呼ぶ●牛は牛づれ马は马づれ●同性相亲しむ

?身の菱(みのひし) 身に降り挂かる灾难。また、身の回りに鉄菱(てつびし)を撒かれたように身动きができないこと。 用例:浄?曾根崎心中「頼もし立てが身のひしでだまされさんした」

?身の振り方(みのふりかた) 自分の将来に関する方针。我が身の処置の仕方。 例:「身の振り方を考える」

?身の程(みのほど) 1.自分の地位や能力の程度。また、その地位や身体に相応(ふさわ)しいこと。 类:●分际●身分相応 2.身の上。境遇。また、自分の运命。

?身の程知らず(みのほどしらず) 自分の身分や能力や地位を弁(わきま)えないこと。また、その人。 例:「身の程知らずにも程がある」

?身の回り(みのまわり) 衣类?被り物?履き物など身に着けるもの。日常手元に置いたり携帯したりするもの。また、広く日常生活に必要なもの。 类:●身辺 例:「身の回りの世话をする」

-------みは-------

?见始めの见纳め(みはじめのみおさめ) 初めて见て、しかもそれを见るのも最后でもあること。二度と见ることがないこと。

?见果てぬ梦(みはてぬゆめ) 1.最后まで见终わらずに目覚めてしまった梦という意味で、転じて、未练がいつまでも残っていること。2.実现不可能なことがら。 例:「见果てぬ梦を追う」

?身は习わし(みはならわし)〔=习わしもの〕 人は习惯や环境次第でどのようにも変わるということ。

?身は身で通る(みはみでとおる) 1.贵贱や贫富の差はあっても、人はその人の身に応じた生活をしていけるものであるということ。2.人は自分本位に暮らすものであるということ。

-------みひ-------

?身一つ(みひとつ) 1.自分の身体一つ。自分一人。 例:「身一つで嫁入りする」 2.身体が一つであること。

-------みふ-------

?身二つになる(みふたつになる) 妊妇が子どもを产む。出产する。

日本的谚语

鲸饮马食(げいいんばしょく):能吃能喝

形影相怜れむ(けいえいあいあわれむ):形影相吊

圭角が取れる(けいかくがとれる):磨去棱角

计画は人にあり、成败は天にあり(けいかくはひとにあり、せいはいはてんにあり)e799bee5baa6e997aee7ad94e58685e5aeb931333337393561:谋事在人,成事在天

芸が细かい(げいがこまかい):极为精湛;滴水不漏;无懈可撃;天衣无缝

芸がない(げいがない):不学无术;没有本事

芸が身を助ける(げいがみをたすける):身有一技之长,不愁隔宿之粮

桂玉の艰(けいぎょくのかん):米珠薪桂

鶏群の一鹤(けいぐんのいっかく):鹤立鶏群

鶏口となるも牛后となるなかれ(けいこうとなるもぎゅうこうとなるなかれ):宁为鶏口,不为牛后

敬して远ざく(けいしてとおざく):敬而远之

芸术は长く人生は短し(げいじゅつはながくじんせいはみじかし):人生有限,技芸千秋

警钟を乱打する(けいしょうをらんだする):猛敲警钟,唤醒世人

倾城买の草鞋はかず(けいせいかいのわらじはかず):大処不算小処算

倾城に诚なし(けいせいにまことなし):歓楽场中没真话

蛍雪の功を积む(けいせつのこうをつむ):刻苦用功

兄たり难く弟たり难し(けいたりがたくていたりがたし):难兄难弟

兄弟は手足たり(けいていはしゅそくたり):兄弟如手足

刑は軽きを厌わず(けいはかるきをいとわず):刑不厌軽

苦あれば楽あり(くあればらくあり):苦尽甘来

食い下がる(くいさがる):咬住不松口;不肯罢休

株を守る(くいぜをまもる):守株待兔

食い倒す(くいたおす):白吃;吃穷

食い散らす(くいちらす):这吃点,那吃点;做一点这个,干一点那个

食いつぶす(くいつぶす):坐吃山空

食い外す(くいはずす):丧失糊口之道;失掉得利的机会

気合いが入る(きあいがはいる):鼓起干劲

気合が悪い(きあいがわるい):情绪不好;性情不好

利いた风(きいたふう):自命不凡

生一本(きいっぼん):真情実意

闻いた千金见て一文(きいたせんきんみていちもん):看景不如听景

闻いて极楽见て地狱(きいてごくらくみてじごく):听来是天堂,一见是地狱

気炎を上げる(きえんをあげる):大吹大擂,夸夸其谈;大放厥词;扬眉吐气

饲い犬に手をかまれる(かいいぬにてをかまれる):养疡遗患

老い木に花が咲く(おいきにはながさく):枯木开花

追い込みをかける(おいこみをかける):作最后努力

おいしくて頬っべたが落ちそう(おいしくてほっべたがおちそう):好吃极了

追い立てを食う(おいたてをくう):被人赶走

老いたる马は道を忘れず(おいたるうまはみちをわすれず):老马识途

老いて妬妇の功を知る(おいてとふのこうをしる):妻子好坏到老方知

栄华あれば必ず憔悴あり(えいかあればかならずしょうすいあり):有盛必有衰

酔覚めの水下戸知らず(えいざめのみずけこしらず):酸后方知冷水甜

英雄人を欺く(えいゆうひとをあざむく):自古英雄多欺人

英雄人を忌む(えいゆうひとをいむ):英雄最怕有英雄

会者定离(えしゃじょうり):有聚必有散

关于人生的名言警句 50条 简短

百学须先立志。(朱熹)

宝剑锋从磨砺出,梅花香自苦寒来。

笔落惊风雨,诗成泣鬼神。(杜甫)

别裁伪体亲风雅,转益多师是汝师。(杜甫)

博观而约取,厚积而薄发。(苏轼)

博学之,审问之,慎思之,明辨之,笃行之。(《礼记》)

不登高山,不知天之高也;不临深溪,不知地之厚也。(《荀子》)

不飞则已,一飞冲天;不鸣则已,一鸣惊人。(司马迁)

不患人之不己知,患不知人也。(孔子)

不入虎穴,焉得虎子?(后汉书)

不塞不流,不止不行。(韩愈)

不识庐山真面目,只缘身在此山中。(苏轼)

不畏浮云遮望眼,自缘身在最高层。(王安石)

不以规矩,无以成方园。(孟子)

采得百花成蜜后,为谁辛苦为谁甜。(罗隐)

仓廪实则知礼节,衣食足则知荣辱。(《管子》)

操千曲而后晓声,观千剑而后识器。(刘勰)

察己则可以知人,察今则可以知古。(《吕氏春秋》)

差以毫厘,谬以千里。(《汉书》)梦想与现实本来是没有距离的,只不过一个在心里,一个在眼前!

在生活的舞台上,每个人都各自有各自的角色,何必要求这个去扮演那个呢?那是不会成功的,也许是自己也扮错

了角色,可是谁又知道自己该演什么不该演什么呢?等你发现自己演错了戏;你的舞台也将人散灯尽!

你把生活设计成一场赌局,得到的却是暂时的快感,你在赌局中投入的感情和精力越多,全盘皆输的可能性就

越大,就可能得到越多的伤害,你不该抱怨,游戏的规则就是如此。你唯一能做的就是“愿赌服输”。

走过太多路~淋过太多雨~明白冬来雪飘~花开花落的道理~寻的;只是那份家的安定~

你的文凭代表你应有的文化程度,它的价值,会体现在你的底薪上,但有效期只有三个月!

曾经拥有的,不要忘记;已经得到的,更要珍惜;属于自己的,不要放弃;已经失去的,留做回忆;想要得到的,必须

努力;人这一生当中最重要的,是自己的梦想和追求!

泪水和汗水化学成伤相似,可是前者只能让你获得同情,而后者却能让你获得成功!

童年似流水一样的过去,时光是不老的,老的是人。走在时间里的人,于纷扰的世间,忙碌着做一些可有可无

的事情。混迹于人群中失去自己,再也找不回原来的模样了。

人生是一张单程车票,失去的便永远不会再拥有。千万别把美好的生命浪费在等待上,把握现在,享受现在,

才是最重要的。

走在一起,是缘份。

一起在走,是幸福!

不论你在什么时候开始,重要的是开始之后就不要停止.

不论你在什么时候结束,重要的是结束之后就不要悔恨。

生话的事就象在寒风中吃雪糕一样,在冰冷的后面感觉甜蜜!

有受过冻的人才会知道暖是来之不易。

关于人生短的日本谚语插图(1)

关于人生的名言警句

●我们唯有献出生命,才能得到生命(印度)

●应当以事业而不应当以寿数来衡量人的一生(塞内加)

●人生不是一支短短的蜡烛,而是一支由我们暂时拿着的火炬(爱尔兰)

●生命是一种进攻(··怀特海)

●一只母鸡不过是一只鸡蛋生产另一只鸡蛋的机体而已(塞·巴特勒)

●人只有献身于社会,才能找出那短暂而有风险的生命的意义(爱因斯坦)

●生命的意义在于设身处地替人着想,忧他人之忧,乐他人之乐(德国)

●你若要喜欢你自己的价值,你就得给世界创造价值(歌德)

●如果你晓得怎样利用人生,生命就是长的(意大利)

●人生是非常短暂的,但如果只注意到生命的短暂,那就一点价

值都没有了(英国)

●人的一生是短的,但如果卑劣地过这一生,就太长了(英国)

●舞台小天地,天地大舞台

●整个世界都在演戏,整个世界都是演员(英国)

●每个人都有自己的剧场,他集经理、演员、提词、编剧、换景、包厢侍者、看门人诸职于一身,此外还是观众(朱利叶斯·海尔)

●在这个人类生活的剧院中,观众席仅仅是为上帝和天使们预备的(培根)

●一直到最后的一瞬间,我们都是以自己为对象扮演喜剧(德国)

●这个世界对思考的人而言是喜剧,对感觉的人而言是悲剧(英国)

●旁观者眼里的悲剧未必是受难者心中的悲剧(爱献生)

●对于他人,我们并非我们自己,却只是在他的生活中扮演某个角色的演员,而我们甚至不知道自己正在演戏(伊丽莎白·比贝斯科)

●人生的虚幻

●在人类生活中,时间刹那而过,它的本体是处于一个流动状态中,知觉是昏钝的,整个肉体的构成是易腐朽的,灵魂是一个疾转之物,运气是很难预料的,名望是缺乏见识的东西(马尔库·奥勒留)

●一生身是寄,百岁去如飞

●浮生若梦,朝不保暮

●当我们专注地研究人类生活的空虚,并考虑荣华富贵空幻无常时,也许我们正在阿谀逢迎自己懒惰的天性(休谟)

●浮生如梦能几何,浮生复更忧患多

●浮生若梦非有意,到处能安即是家

●浮生恰似冰底水,日夜东流人不知(唐·材牧)

●浮生聚散云相似,往事微茫梦一般(唐·李群玉)

●人生没有笔直的路

●生活的道路上,有蔷薇也有荆棘(英国)

●人生的道路虽然漫长,但紧要处常常只有几条,特别是当人年青的时候(柳青)

●生活并不是一条人工开凿的运河,不能把河水妈限制在一些规定好了的河道内(泰戈尔)

●上人生的旅途罢,前途很远,也很暗,然而不要怕。不怕的人面前才有路(鲁迅)

●路走错了,奔跑又有什么用呢?(贝纳姆)

●人生既有走上坡路之时,也有走下坡路之时(日本)

●光荣之路常坎坷(英国)

●世事茫茫如大海,人生何处无风波

●再平的路也会有几块石头

●人生就像一本书,傻子们走马看花似的随手翻阅它,聪明的人用心地阅读它。因为他知道这本书只能读一次(尚·保罗)

求一日本僧人关于人生的短诗原句

生死去来?棚头傀儡?一线断时?落落磊磊

作者: 经典美文网

经典美文网,我们致力于给你最好的文章阅读体验!!!

为您推荐

返回顶部